ホームへ移動 散骨場所のご案内 著名人の散骨 散骨に関するアンケート 散骨に関するご質問 散骨のお申し込み
日本国内の散骨(5万2500円〜)
現在申し込み受け付け中です
アメリカ各都市における委託散骨(18万0000円〜)
現在海外での散骨を中止しております。
九十九里沖における散骨は、ご家族で行うプランと当社が委託で行う委託散骨がございます。
千葉県九十九里における散骨
ロサンゼルスにおける依託散骨 サンフランシスコにおける依託散骨 サンディエゴにおける依託散骨
モロベイにおける依託散骨 キーラーゴにおける依託散骨 タンパ周辺における依託散骨



近年、遺骨を自然に還す「自然葬」が営まれています。その形態は、海・山・川・宇宙と様々です。その中でも海に還す海洋葬をこのサイトで取扱います。日本で定着しつつあるこの海洋葬。海外のいくつかの国では既にその方法が古くから確立されています。一方、日本の海洋葬に関する取り組みはまだまだ歴史が浅く、10数年という短いものです。最初のきっかけは、駐日アメリカ大使ライシャワーさんの遺骨が祖国アメリカのサンディエゴで行われたことが日本で散骨を行うひとつのきっかけになったと言われています。

そもそもこの海洋葬を含む自然葬という呼び方は、安田睦彦氏を代表とする市民団体「葬送の自由をすすめる会」が海や山に遺灰(遺骨・焼骨)を撒く、いわゆる「散骨」をはじめ、その言葉が今に定着しております。その取り組みを受けて法務省は「節度を持って行われる限り問題はない」との見解を示し、法的に問題のないことが示されるに至っています。

以来、沢村貞子さんの遺骨が相模灘に散骨され、X-Japanのhideさんが、アメリカ西海岸における一部散骨が話題になり、自然葬が一つの新しい葬送スタイルとして注目されるようになりました。(著名人の散骨データはこちらをどうぞ)



2004/04/16 海外依託散骨場所にアメリカ・フロリダ州を追加
2004/04/07 海外依託散骨を開始しました(カリフォルニア州)
2004/04/01 消費税制改定に伴う料金表示の変更
2003/11/01 散骨に関するアンケートを実施中
2003/06/28 質問フォームを設置
2003/06/25 サイトリニューアル
2002/06/16 著名人散骨データベースを新設
2002/05/15 当散骨専用サイトを開設
 

弊社は、散骨を葬送の1つのスタイルとして、それを望む故人の意思やご家族の希望を叶えるために立ち上がりました。散骨は、遺志のないものへの提供はさけるべきと考えております。


散骨に関する詳しい情報は、こちらのページで詳しくご案内しております。


社名 株式会社フルサワ
(セレモニーホールジロイム)
所在 〒289-1302 千葉県山武郡成東町小松3798
電話 0475-84-2244
FAX 0475-84-3344
scatter@jiroimu.co.jp
メールでのお問い合わせをお薦めいたします。散骨担当者より折り返しご連絡いたします。お急ぎの方はお電話でお願いします。


合計
Copyright(c)2002-2004 Furusawa ,Inc.All Rights Reserved.